トラックの日

「トラックの日」交通安全フェスティバルが開催されました

(公社)和歌山県トラック協会では和歌山県・和歌山市・近畿運輸局等の後援を得て、10月9日「トラックの日」に因み、平成29年10月29日(日)和歌山市「和歌山ビッグホエール」において、「交通安全」「環境」「防災」の3本を柱とした多彩なイベントを開催致しました。

 当日は台風22号の影響により雨風となり外ブースが中止等一部内容を変更となるなか、多くの方に来場していただき、午前9時45分に阪本会長の開会宣言より式典が開始し、式典終了後より各種出店ブースや縁日等が開始されました。
ステージイベントで宇宙戦隊キュウレンジャーショーや千原せいじによるお笑いライブ、和歌山県警察安全教育係ひまわりによる交通安全教室を始めご当地のアイドル等のイベントが行われ、大いに賑わいました。
その他会場では、体験エリアとして運送業体験エリアを開催、楽しく運送会社のことを知っていただくことで、将来の職業選択の一つとして考えてもらえるように子供達に体験していただきました。また、1/14サイズのラジコントラックによるデモ走行や展示を行いました。
トラックの日絵画コンクール「夢のトラック、おもしろいトラック」の募集したところ和歌山県内の幼稚園、保育園や認定こども園から31園1399枚の出展があり作品が会場に展示されました。
また、選考の結果白浜幼児園の池田健心さんの絵画が「トラック協会賞」に選ばれました。
協力ブースには「交通安全」を目的としたドライブレコーダーの展示や自転車シミュレーター等が行われました。「環境」関連としては環境対応車の展示や環境タイヤの展示等が行われ、「防災」としては展示やパネル展示による広報等多彩なブースが展開され、来場者に体験していただくことができました。
 台風の中4000人を超える来場者があり、また報道関係の取材も多数行われ、一般の方と協会員と直接触れ合い、トラック運送業界のイメージアップに十分な成果を上げることができました。
 ご協力いただきました関係機関・各種団体、各企業の皆様、有難うございました。また会員の皆様方、大変御苦労さまでした。
また、絵画につきましても多数のご応募をいただきまして誠にありがとうございました。

フェスティバル会場内で「環境キャンペーン」を実施

「トラックの日~交通安全フェスティバル~」当日は会場内において環境キャンペーンを実施、来場者にリーフレット、保冷バッグ他啓発グッズの配布を行い、地球温暖化対策、大気汚染防止のための天然ガス車等の低公害車の積極的な導入、エコドライブ及びアイドリングストップの普及・実践等の環境対策のPRを行った。
 
 

写真

 
写真 写真 写真
トラック展示
 
パトカー展示
 
豪華抽選会
 
写真 写真 写真
和歌山県警警察安全教育係
ひまわり 交通安全教室
 
職業体験コーナー

 
 

 
写真 写真 写真
ふあふあトラック

 
似顔絵コーナー

 
1/14ラジコントラック

 
写真 写真 写真
 

 
絵画展示

 
トラックの日実行委員長
和田 政実
 
写真 写真 写真
(公社)
和歌山県トラック協会
会長 阪本 享三 氏
 
国土交通省近畿運輸局
和歌山運輸支局長 
北寺 康人 氏
 
写真 写真 写真



 



 



 
写真 写真 写真
(公社)
和歌山県トラック協会
1日会長任命式
 


Copyright 2005-2013 Wakayama Trucking Association Allrights reserved